Biography / バイオグラフィー

Linda Hoaglund is a bilingual film director and producer who has subtitled 200 Japanese films and translated works by Japan's most esteemed artists. In 2014, she completed The Wound and The Gift, a film about rescued animals told through an ancient Japanese fable. Previously she created a trilogy of feature documentary films relating to the Pacific War and postwar U.S.-Japan relations: Things Left Behind (2012) explores the transformative power of photographs of clothing left behind by those who perished in Hiroshima, taken by Ishiuchi Miyako, winner of the 2014 Hasselblad Award. ANPO: Art X War (2010) tells the story of resistance to U.S. military bases in Japan, through a treasure trove of paintings, photographs, film clips and interviews with the artists who created them. She also produced and wrote Wings of Defeat (2007), about Kamikaze pilots who survived WWII and tell the truth about a military that could not accept defeat. Currently, she is developing her new film, The Guardians of Edo Avant-garde.

Born in Japan as the daughter of American missionary parents, she attended Japanese public schools. A graduate of Yale University, she was a bilingual news producer for Japanese television before joining an independent American film production company as a producer. Since 1996, she has subtitled 200 Japanese films and translated and interpreted for Japan's most esteemed artists. In 2004, she received a commendation from the Foreign Minister of Japan for her work promoting Japanese film abroad. 

Subtitled films by directors include:

  • KUROSAWA Akira
  • MIYAZAKI Hayao
  • OSHIMA Nagisa
  • FUKASAKU Kinji
  • SHINDO Kaneto
  • SAKAMOTO Junji
  • KORE-EDA Hirokazu
  • KUROSAWA Kiyoshi

She has interpreted and translated for:

  • NAKAMURA Kanzaburo – Kabuki actor
  • YOKO Tadanori - artist
  • ISHIUCHI Miyako - photographer
  • Issey Miyake - Fashion designer
  • AIDA Makoto - artist
  • MURAKAMI Takashi - artist
  • KIRINO Natsuo – novelist
  • TOMATSU Shomei - photographer
  • MORIYAMA Daido - photographer

 

アメリカ人宣教師の娘として京都に生まれ、山口と愛媛の公立小・中学校に通い、英語はホームスクールで勉強。神戸のインターナショナル・スクールを経て、アメリカのエール大学を卒業。フジテレビのニューヨーク支社に採用され、報道取材のバイリンル・プロデューサーとして北米・南米で活躍。

1997年より、宮崎駿、黒澤明、深作欣二、大島渚、阪本順治、是枝弘和、黒沢清監督作品等、200本以上の邦画の英語字幕を書く。2004年には、それまでの邦画の海外プロモーション活動が認められ、日米交流150周年記念外務大臣賞を受ける。2007年に平成中村座のニューヨーク、リンカン・センターで上演された歌舞伎「法界坊」の全台詞を英訳し、中村勘三郎の英語台詞を指導。歌舞伎の海外公演では初めての試みでNYタイムズ紙に絶賛される。三谷幸喜の戯曲や、横尾忠則、三宅一生、桐野夏生、森山大道等、日本を代表するアーティストの表現の英訳を幅広く手がける。2007年には映画「TOKKO/特攻」をプロデュース。2010年、映画「ANPO」で監督としてデビューする。監督2作品目の「ひろしま 石内都・遺されたものたち」は2013年の夏、東京の岩波ホールを始め10都市で劇場公開された。監督3作品目「The Wound and The Gift」はツルの恩返しをテーマにした動物映画。2014年に完成し、バンクーバー映画祭や東京フィルメックス映画祭他でプレミア上映され、2015年に
公開される予定。

現在、NY を拠点に日米で活動中。

翻訳作品リスト

映画の英語字幕翻訳

  • 黒澤明:「七人の侍」「生きる」「悪い奴ほどよく眠る」「野良犬」「どん底」「酔いどれ天使」「蜘蛛の巣城」「ある生き物の記録」
  • 宮崎駿:「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「もののけ姫」「天空のラピュタ」「風の谷のナウシカ」
  • 大島渚 「御法度」 
  • 市川崑 「プーさん」「東北の神武たち」
  • 斎藤寅次郎「東京キッド」
  • 新藤兼人 「ふくろう」
  • 深作欣二「仁義亡き戦い」全シリーズ 「日本暴力団・組長」「白昼の無頼漢」「博徒外人部隊」「君が若者なら」「やくざの墓場・くちなしの花」「バトル・ロワイヤル」I & II
  • 黒沢清 「トウキョウソナタ」「叫び」「アカルイミライ」「人間合格」「降霊」「ドッペルゲンガー」「カリスマ」「回路」「蜘蛛の瞳」「蛇の道」
  • 阪本順治「北のカナリア達」「大鹿村騒動記」「行きずりの街」「カメレオン」「闇の子供達」「魂萌え!」「この世の外へ」「KT」「ぼくんち」「顔」 
  • 是枝裕和「そして父になる」「奇跡」「歩いても、歩いても」「花よりもなほ」「誰も知らない」「ワンダフル・ライフ」「ディスタンス」「幻の光」
  • 西川美和「ディア・ドクター」「蛇イチゴ」「ゆれる」「夢売る二人」
  • 矢口史靖「スイング・ガールズ」「ウォーターボーイズ」「ワン・ピース」「裸足のピクニック」「秘密の花園」「アドレナリン・ドライブ」
  • 青山真治「冷たい血」「ワイルド・ライフ」「路地へ」

上記の他に邦画150本の英語字幕も翻訳

戯曲翻訳、出版物

  • 平成中村座制作 「法界坊」NYのリンカーン・センターにて2007年上演
  • 三谷幸喜 「笑いの大学」「マトリューシカ」「オケピー」「You Are the Top」
  • 桂三枝 落語の同時通訳 NYやワシントンD.C.の公演にて
  • 三宅一生 Taschen出版のPleats Please Issey Miyakeの全エッセー
  • 村上隆  エール大学出版のLittle Boy の村上隆、椹木野衣のエッセー

横尾忠則、会田誠、桐野夏生、石内都、森山大道のエッセーの翻訳、公演の通訳